ムズムズと痒みが襲う嫌な症状【アトピーは体質改善が必須である】

効果とメカニズムを知る

栄養補助食品

いろいろな効果がある

DHAは正式名称をドコサヘキサエン酸と呼ばれ、不飽和脂肪酸に分類されております。DHAはサバやマグロなどの青魚に多く含まれており、適切に摂取する事によっていろいろな効果をもたらしてくれます。DHAがもたらす効果には、中性脂肪やコレステロールを下げる事、脳の働きを活性化させる事、高血圧の予防などがあります。この中で最も注目されている、中性脂肪やコレステロールを下げるメカニズムについて説明します。中性脂肪やコレステロールは、肝臓内で生成されて血液を通じて流れていきます。その際、この二つがくっついた状態で流れていきます。DHAは肝臓で中性脂肪の生成を抑制する働きがあるので、中性脂肪とコレステロールがくっついた状態も減っていきます。その結果、コレステロールの抑制も可能となるのです。

健康食品が便利

DHAを通常の食事で摂り入れるには、青魚を食べる事が必要です。しかし青魚が苦手で普段ほとんど食べない人もいらっしゃいます。そんな人には、サプリメントのような健康食品が人気です。サプリメントは、粒状の形やカプセルタイプなので携帯性にも優れており、いつでもどこでも摂取する事が可能です。外出先でも時間をかけずにサプリメントを通じてDHAを摂取する事が出来ます。青魚は好きだけど調理するのが苦手という人にもサプリメントは、とても人気があります。特に人気のあるサプリメントは、DHAの配合量が多い事とEPAなど他の成分も配合されている商品です。複数の栄養素を一度に摂取する事で、体内の栄養バランスも維持しやすくなります。